【IBD回顧録】潰瘍性大腸炎からクローン病になった僕の記録。つらい思い出はブログに書いてさようなら。

【IBD回顧録】潰瘍性大腸炎からクローン病になった僕の記録。つらい思い出はブログに書いてさようなら。


僕が潰瘍性大腸炎の診断を受けたのは、高校3年生のとき。

それから症状の悪化を繰り返したり、病名がクローン病に変わったりを経て、最近になってようやく生活に落ち着きを取り戻しました。

ここに至るまで、本当に長かった……。

まだ治療は続いていて、病気が治ったわけではないけれど、自分の中ではひと区切りついた感じです。


そこでこの度、新しい人生へ踏み出す意味を込めて、これまでの経緯をブログに整理してまとめることを決意。

「IBD回顧録」と題して、治療の体験談や感じていた悩みを記していこうと思います。

今回は、その目的と方針について書きます。


ブログに書いて忘れたい

今さらわざわざ病気について振り返る目的は、ずばり過去の清算。

IBDにまつわる思い出はつらいものばかりなので、ブログに書くことで頭の中から消去してしまおうというわけです。

僕の経験上、どんなに嫌なことでも、ブログに記事としてまとめると、心のモヤモヤが鎮まって、スッと記憶から消えてくれます。

本の感想などは記録として「残す」ために書いていますが、この回顧録に関しては「忘れる」ための作業です。


また、僕はIBDと診断されたときから、日記もかねて、ずっと体調や食べたものをノートに記録してきました。

今までなかなか踏ん切りがつかずに処分できずにいたのですが、これを機会に直近の記録以外はどんどん捨てていこうと思います。

正直、大量のノートは物理的にも体積がすごくて、収納スペースがもったいない!

いつまでも暗い過去を引きずるのはやめて、「今」と「未来」に目を向けて生きていきます。


闘病ブログにはしない

僕がこのブログを運営するにあたって決めている数少ないルールの一つに、「闘病ブログにはしない」というのがあります。

別に病気関連の記事を書くのは構わないのですが、難病患者だからといって、病気一色のブログにするのは嫌なのです。

そのため、「IBD回顧録」を書いている間も、読書記録や英語の勉強の記事を意識的に差し挟んでいく予定。

なるべく明るい雰囲気を保てるように心がけます。


ちなみに、IBDについて語るとなると、「下痢」や「血便」など、汚いワードを多用せざるをえません。

もし読もうと思う人がいたら、ある程度は心の準備をお願いします。


さいごに

念のために説明しておくと、IBD(炎症性腸疾患)とは、潰瘍性大腸炎やクローン病といった腸の難病の総称。

僕は以前は潰瘍性大腸炎、現在はクローン病患者として治療を受けていてややこしいので、「IBD回顧録」というタイトルにしました。

どのくらいのペースで更新できるかわかりませんが、温かく見守っていただけると幸いです。


※追記
さっそく最初の記事を書きました。
 ↓