【洋書レビュー】Charles Duhigg『The Power of Habit』を読んだ感想。習慣はコツさえつかめば変えられる!

【洋書レビュー】Charles Duhigg『The Power of Habit』を読んだ感想。習慣はコツさえつかめば変えられる!


こんにちは、はしもりです。

今回紹介する洋書は、Charles Duhiggさんの『The Power of Habit』。

日本語版の題名は『習慣の力 The Power of Habit (講談社+α文庫)』となっています。

悪い癖をやめられない科学的な理由がわかって、目からうろこが落ちました。


あらすじ・概要

『The Power of Habit』は、タイトルの通り、私たちが普段何気なくやっている習慣(habit)について解説した本です。

本書での「習慣」は、自分の意志に関係なく行われる、自動化された行動のこと。


扱われているテーマは、おなかがすいたらご飯を食べる、買い物の仕方といった日常的なものから、試合前のルーティーン、飲酒やギャンブルまでさまざま。

スターバックスや水泳のフェルプス選手など、たくさんの具体例を交えながら、習慣の持つ力や、コントロールのコツを説明しています。


思い通りに習慣を作り変えるための手順もまとめられていて、読んですぐ実践することが可能です。

英語もわかりやすくて、スムーズに読める一冊でした。


感想・レビュー

なぜ習慣は変えにくいのか?

僕が「なるほど!」と思ったのが、習慣を変えるのが難しい理由。

そもそも習慣は、普通の動作とは、使われる脳の部位が違うんです!


習慣が処理されているのは、意志や記憶をつかさどる前頭葉ではなく、脳の中心部。

そのため、心の中で「やめよう!」と思っても、その声は届かないというわけですね。


自分の意志力だけで習慣を変えるのは、下りのエスカレーターを逆走して駆け上がろうとするのと同じ。

行動が自動化されるおかげで、いちいち考える必要がなくなるのはうれしいですが、一度方向性を間違えると、治すのはなかなか大変です。

行動だけを置き換える

では、習慣をコントロールするにはどうすればよいのか、というのがこの本のテーマ。

著者は習慣をcue、routine、rewardの3つに分解して説明しています。

たとえば、「ゲームをする」という習慣であれば、

cue:勉強に飽きる
routine:ゲームをする
reward:ストレス解消

といった感じ。


そして、習慣を変えるには、すべてを新しくするのではなく、cue、rewardをそのままにして、routineだけを変えればいいそうです。

上の例なら、ゲームではなくストレッチをしたり、コーヒーを飲んだりするということです。


ただ、難しいのは、cue、rewardが何かを見極めること。

一見同じ習慣でも、人によってcue、rewardは異なり、置き換えるべきroutineも違ってきます。

ここに関しては本書に詳しく載っているので、ぜひ読んでみてください。

信じる者は救われる?

習慣を変える秘訣がいろいろと紹介される中で、著者が絶対に欠かせないと説明していたのが、「自分は変われる」と信じること

ちょっと精神論みたいですが、真理ですよね。

ダイエットや禁煙に失敗する人の多くは、心のどこかで「どうせ無理だ」とあきらめているのではないでしょうか?

僕も思い当たる節がいくつもあってドキッとしました。


自分を変えるには、まず自分を信じることが大事。

まさに、「信じる者は救われる」ですね。


さいごに

『The Power of Habit』の内容を実践して、僕は今までずっとやめられなかったゲームから卒業することができました。

きちんと手順を踏んでいけば、意外とうまくいくものですね。

あんなに夢中になっていたのに、いざ離れてみると全くやろうと思わないのも不思議です。

習慣の力は偉大だなあ……