Audible(オーディブル)で聴き終えた本は端末から削除してスマホの容量を節約!聴きたいときはまたダウンロードすればいい。



Audible(オーディブル)を使っていて、つい見逃しがちなのが、データの容量。

オーディオブックは音声データなので、ファイルのサイズが大きめ。

増えていく本を放置していると、スマホのメモリがどんどん圧迫されていきます。


そこで僕が行っている対処法が、聴いた本をこまめに端末から削除すること。

今回はそのやり方と、実際にどれほどの効果があるのかを解説します。


削除しても本は消えない

最初に確認しておきますが、スマホからデータを削除しても、本そのものが消えてしまうわけではありません。

Audibleで購入したオーディオブックはクラウド上に保存されていて、アカウントさえあればまたいつでもダウンロードできます

「削除」と聞くとなんだか怖くなりますが安心してください。


スマホの中にデータが残っているのは、例えるなら机の上に本が積み上がっている状態。

「端末からデータを削除する」というのは、その本を本棚に片づけるイメージです。

ちょっとした手間はかかりますが、削除した本も好きなときに取り出せることには変わりありません。


スマホから本を削除する方法

まず、メニューから「ライブラリー」を選び、本の一覧を開きます。

端末からのデータ削除その1_Audible(オーディブル)

そこから削除したいオーディオブックを探し、右上にある縦に点が3つ並んだマークをタップします。

端末からのデータ削除その2_Audible(オーディブル)

次に、出てきたメニューの中から「端末から削除」を選択。

端末からのデータ削除その3_Audible(オーディブル)

すると、一瞬でデータの消去が完了!

本の画像の右下にダウンロードマーク(オレンジ色の下矢印)が表示されていればOKです。

端末からのデータ削除その4_Audible(オーディブル)

「やっぱりまた聞きたい!」という場合は、本の画像やタイトルをタップすると、再びダウンロードが始まります。


節約できる容量はどのくらい?

それでは、端末からデータを削除すると、どれほどの容量を節約できるのか?

先ほど解説したとき、実際に本を一冊削除したので、その前後でメモリがどう変化したのかを比べてみましょう。


今回削除したのは、Yuval Noah Harariさんの『21 Lessons for the 21st Century』という本(洋書)です。

再生時間はかなり長めで、11時間41分あります。



まず、削除前のAudibleアプリの状態がこちら。「データ」を見ると、1.82GBとなっています。

削除前のストレージ_Audible(オーディブル)

そして、本を削除した後のストレージが下の画像。「データ」は1.66GBに減っています。

削除後のストレージ_Audible(オーディブル)

よって、この一冊を消去したことで増えたメモリの空き容量は、0.16GB(160MB)!

もちろん本の再生時間が長いというのもありますが、それを考慮してもかなり大きいですよね。

今まで全然いじっていなかった人は、聞かない本を消すだけで、スマホのメモリが一気に解放されるかもしれません。


Audible Stationに注意!

Audibleの中でとくに容量に注意が必要なのが、会員なら聴き放題のAudible Station(オーディブルステーション)

毎月たくさんのコンテンツが配信されるので、聞いたまま放置していると大変なことになります。

僕は以前、律義にすべてのコンテンツをダウンロードしていて、スマホの通知で警告が出ました(笑)


関連記事:Audible会員なら聴かなきゃ損!Audible Stationのおすすめタイトルランキング。


Audible Stationの作品は「0円で購入」という形になるので、普通のオーディオブックと同じく、一度買ったら自分のもの

Audibleを退会したり端末からデータを削除したりしても、クラウド上にしっかりと残ります。

定期的に端末からデータを消去して、スマホの容量をパンクさせないように気を付けましょう!


さいごに

端末上に本をため込んでしまうのは、Kindleの電子書籍も同じ。

油断するとすぐメモリがいっぱいになって、本体から泣く泣く削除することになります。

オーディオブックも電子書籍も、無限に保存できたらいいのになあ……