【レビュー】アルクの『究極の英語リスニング』をやってみた感想。毎日聞いても飽きないよ!

アルク究極の英語リスニング_【レビュー】アルクの『究極の英語リスニング』をやってみた感想。毎日聞いても飽きないよ!


こんにちは、はしもりです。

僕は学生時代から、よくアルクの英語教材を利用しています。

その中で、とくにお気に入りなのが、『究極の英語リスニング』。

先日、ついにシリーズ全てをやり終えました!


今回は、この『究極の英語リスニング』について、特徴や使い方を紹介します。

『究極の英語リスニング』とは?

『究極の英語リスニング』は、アルクの出しているリスニング教材。

使われている単語のレベルによって、Vol.1からVol.4まであり、難易度は以下の通り。


Vol.1 1000語レベルで1万語[最初の1000語]

Vol.2 2000語レベルで1万語[自然な2000語]

Vol.3 3000語レベルで1万語[深まる3000語]

Vol.4 6000語レベルで1万語[ネイティブが話す6000語]


各ボリュームに収録されている英文の数は、40~50本。

読まれるジャンルは、日常会話から、ビジネス、旅行、ニュースなどさまざまです。

長さはどれも1~2分くらいで、それぞれ理解度をチェックする簡単な問題が付いています。


3段階で聞き取りの練習

『究極の英語リスニング』では、1つの英文を次の3つのステップで学習していきます。

①:ヒントなしでリスニング
②:重要語句を確認してリスニング
③:日本語訳を見てリスニング

もし途中で内容を理解できたらそこで終わってOK。

読まれた英文と問題の答えをチェックします。


英文の長さにもよりますが、①から③までを全部通してやっても、かかる時間は10~15分程度

短い時間で取り組めるので、忙しい人にはぴったりですね。


ちなみに、一応問題はついていますが、内容に関する簡単な質問があるだけで、かなりあっさり。

「がっつり問題を解きたい!」という人には向いていないかもしれません。


いろんな発音が聴ける!

『究極の英語リスニング』では、英文によって読み手(ナレーター)が変わるのが特徴です。

イギリスやカナダなど、さまざまな国や地域の発音を聴くことができます

印象としては、TOEICの試験に近いですね。


たまに癖があって、聞き取りづらいときもありますが、それも大事な練習。

ずっと同じ発音の教材に比べると、より実践的になっています。


面白くて飽きないストーリー

僕がこの教材を気に入っている一番の理由は、読まれる英文の面白さ

内容に工夫が凝らされていて、毎日聞いても飽きません。

ストーリーの随所にユーモアや、ためになる知識がちりばめられていて、楽しく聞き取りの練習ができます


個人的に最高だったのが、Vol.2の最後の方にあるコメディアンの話。

たくさんのジョークが出てきて、思わず笑ってしまいました。


レベルの違いは気にしなくても大丈夫!

おそらく最初に迷うのが、Vol.1からVol.4までのどれを選ぶか。

ただ、正直なところ、使われる単語のレベルが変わっても、リスニングの難易度はそこまで変わりません


各ボリュームの中でも英文の長さやスピードによってレベルが3段階に分かれていて、そちらの差の方が大きいです。

一冊で幅広い難易度の聞き取り練習ができるので、安心して好きなものを選んでください。

もし、どうしても心配なら、とりあえずVol.2から始めるのが無難ですね。


電子書籍もある

『究極の英語リスニング』シリーズには、紙の本だけでなく、電子書籍版もあります。

その場合、音声は無料でダウンロードが可能です。


僕は両方とも使ったことがありますが、電子書籍のメリットは次の通り。

・場所を取らない
・目次から好きなところにすぐ飛べる
・本が勝手に閉じない

特に大きいのは3番目。

紙の本だと、本が閉じないように押さえる必要があって面倒なんですよね。

Kindleなどをもっているなら、紙の本より電子書籍をおすすめします。


関連記事:【便利】Kindleで洋書を読む5つのメリット。Kindleは最強の英語学習ツールだ!


音声はAudible(オーディブル)が便利!

音声は、紙の本ならCDが、電子書籍なら無料のダウンロードがついています。

でも、これがとっても使いづらい……


そこで、僕はAmazonのAudible(オーディブル)で購入したオーディオブックを利用しています。

再生画面が操作しやすく、細かい速度調節もできて快適です。

音質もきれいで、Amazonのこだわりを感じますね。


ちなみにAudibleでは、無料体験をすると、オーディオブックが一冊無料でもらえます。

『究極の英語リスニング』はシリーズ全てが1つのパックになっていて、無料体験を利用すれば、全部まとめて無料で手に入れることが可能です。

もらった本は退会した後も聴けるので、便利な音源がほしい人にはおすすめですよ。


Audible公式サイトはこちら


関連記事:【中級者以上向け】やっぱりベストセラーは面白い!Audible(オーディブル)の洋書おすすめ3選。


さいごに

アルクの『究極の英語リスニング』は、続けやすさを考えると、名前通り「究極」のシリーズだと思います。

Vol.1から4まであって、長く使えるのもいいところ。

毎日の聞き取り練習に、ぜひ活用してみてください。


アルク『究極の英語リスニング』(Amazon)