【注意】マルトデキストリンを飲むと虫歯になりやすい!対策を紹介します。

虫歯に注意!_マルトデキストリンを飲むと虫歯になりやすい!対策を紹介します。


僕が持病(クローン病)の治療でよく使う栄養剤の主成分がマルトデキストリン。

効率よくカロリーを摂取できるため、筋トレ後の栄養補給や、食の細くなった高齢者の食事にも使われます。


でも、困ったことに、マルトデキストリンを飲むと虫歯になりやすいんですよね。

今回は、マルトデキストリンが虫歯の原因になる理由と、実際試して効果のあった対処法について解説します。



マルトデキストリンで虫歯になる理由

マルトデキストリンが虫歯の原因になるのは、虫歯菌のエサとなる糖質だから

マルトデキストリンは、デンプンをブドウ糖に分解する途中の物質で、粉飴とも呼ばれます。

デンプン

デキストリン

マルトデキストリン(粉飴)

麦芽糖(水飴)

ブドウ糖

虫歯菌というと、砂糖を分解するミュータンス菌が有名ですが、ほかにもたくさん種類がいて、甘くなくてもほとんどの糖質は虫歯の原因になります

ごはんや麺類だけ食べていても、放置すれば虫歯になりますからね。


ただ、マルトデキストリンは液体に溶かして摂取するので、固形物に比べ唾液も出にくく、歯の隙間や凹凸に残りがち

ジュースやスポーツドリンクと同じくらい注意が必要です。



虫歯にならないための対処法

虫歯のリスクを減らすために、すぐできる予防策を3つ紹介します。

実際、僕はこれで初期虫歯が治りました。

当たり前のことも書いていますが、参考までに。

①:飲食後に大量の水でうがいをする

とりあえずやっておくといいのが、飲食後のうがい

マルトデキストリンに限らず、何かを食べたり飲んだりしたら、多めの水で口をすすいで、食べかすをしっかり落としましょう。


これ、簡単ですが、意外と効果は絶大。

僕は始めて次の日から、口の中のネバネバ感がなくなりました。

水さえあれば外出先でもできるので、ぜひやってみてください。


ちなみに、大量の水でうがいをする方法は、『毒出しうがい』という本に書いてありました。

詳しいやり方が気になる人はどうぞ。

関連記事:【実践】「毒出しうがい」を3か月試した感想。虫歯が改善してびっくり!

②:デンタルフロス

ちょっと面倒かもしれませんが、フロスは絶対に使った方がいいです。

どんなに頑張って歯を磨いても、歯ブラシだけでは歯の間の食べかすや歯垢は落とし切れません

フロスを初めて通すと、きっと汚れがたくさんついてびっくりしますよ。


ちなみに、フロスのメーカーはいろいろありますが、個人的には「GC(ジーシー) ルシェロ フロス」がおすすめ。

糸がやわらかいので、歯茎にあたっても痛くなく、血も出にくいです。


関連記事:【レビュー】ワックスなしのデンタルフロス、3種類の比較と使った感想まとめ。

③:1日1回は丁寧に歯を磨く

やっぱり欠かせないのは歯磨きですね。

僕は1日2回、朝食前は軽めに、就寝前は10分以上かけて丁寧に磨いています。


ちなみに、賛否両論あると思いますが、歯磨き粉は使っていません

泡が立たず、ゆっくり落ち着いて磨けて快適ですよ。

それで虫歯も改善しましたからね。


歯ブラシは、歯医者さんにおすすめされた「タフト24」を使用しています。

ネットで安く買えるのに、磨き心地がよく、毛先も長持ちするので助かってます。


さいごに

マルトデキストリンで虫歯になるのは厄介ですが、きちんと予防すれば大丈夫。

今まで食後のうがいやフロスをやっていなかった人は、ぜひこの機会に始めてみてください。

虫歯だけでなく、歯周病対策にも役立つこと間違いなしですよ。