【巧妙】深水黎一郎『最後のトリック』の感想。読んだら本当に犯人になってしまった……

感想・レビュー_最後のトリック_深水黎一郎『最後のトリック』の感想。読んだら本当に犯人になってしまった……


深水黎一郎さんの『最後のトリック』を読みました。

読むと自分が犯人になってしまう、なんとも不思議な小説です。

落ちが肝心なので、ネタバレしないよう気を付けて感想を書きます。

あらすじ・概要

小説家の主人公のもとに、香坂誠一と名乗る人物から謎の手紙が送られてきます。

その内容は、「読者が犯人」という、ミステリー界では不可能とされてきたトリックのアイデアを、2億円で買い取ってほしいというもの。


実際、この小説を読み終えると、本当に自分が犯人になってしまいます

突飛なアイデアと、それを実現させる構成の巧妙さに思わずうなる一作です。



感想・レビュー

ラスト3分の1からの盛り上がりがすごい!

この小説、序盤はかなり読みにくいです。

テレパシーの実験など、物語に関係なさそうな描写ばかりで、正直退屈でした。

最後の落ちがすごいと知っていなかったら、途中で本を閉じたかもしれません。


ところが、246ページ(ラスト3分の1あたり)から急展開!

一気に面白くなりました。

これから読む人は、ぜひそこまでは粘ってください。

驚きの仕掛けが明かされて、ついページを逆戻りしたくなりますよ。

本当に犯人になったけど……

宣伝文句にある通り、読み終えた段階で、僕はちゃんと犯人になりました

ただ、ラストの切れはちょっと微妙。

ありかなしか、この結末は議論が分かれそうですね。

僕としては、ぎりぎり許容範囲内かな?


個人的には、自分が犯人になった衝撃よりも、読者に罪悪感を抱かせないようにする、作者の心配りが印象的でした。

一応、人を殺してしまったわけですが、後味の悪い終わり方ではなくて一安心。

最後の文章からは、著者である深見さんの優しさが伝わってきますね。



こんな人に読んでほしい

『最後のトリック』は、普通のミステリーに飽きてしまった人におすすめです。

文章トリックも見事で、決してアイデアだけで書ける作品はありません。

著者の筆力の高さに、あなたも圧倒されるはず!

こっちもおすすめ!

僕が今まで読んだ本の中で、常識破りの推理小説といえば、東野圭吾さんの『私が彼を殺した』。

この作品、なんと最後まで犯人の名前が明かされません!

読者が本文中のヒントを頼りに、自分で推理する形式です。

謎が解けたときの爽快感はたまりませんよ。

さいごに

『最後のトリック』は、高校生が本のプレゼンを競い合う「ビブリオバトル」で取り上げられていました。

他にもいろいろな作品が紹介されていましたが、みなさんしゃべるのが上手で感心しますね。

僕も文章で本の魅力が伝えられるように頑張ります。


関連記事:【比較】AmazonのAudible(オーディブル)とKindle Unlimitedはどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットまとめ。

関連記事:ハリー・ポッターシリーズはKindle Unlimitedで読み放題!ただし洋書に関しては、ちょっと残念なお知らせが……