シャドーイングの教材にはアルクの『究極の英語リスニング』がぴったり!僕の使い方を解説します。

Let'sシャドーイング!_シャドーイングの教材にはアルクの『究極の英語リスニング』がぴったり!僕の使い方を解説します。


みなさんは英語学習法の一つ、シャドーイングをご存知ですか?

シャドーイングとは、耳から聞こえてきた英語を、文章を見ずに、そのまま追いかけるようにまねして発音する、というもの。

発音だけでなく、リスニング力も上がると聞いて、僕は毎日やっています。


ただ、実際始めてみると困るのが、教材に何を選ぶか

ちょうどいいものを見つけるのって、意外と難しいんですよね。


そこで今回は、おすすめのシャドーイング教材として、アルクの『究極の英語リスニング』を紹介します。

僕のやっている使い方も解説したので、ぜひ参考にしてください。

『究極の英語リスニング』とは?

『究極の英語リスニング』とは、アルクの出しているリスニング教材。

使われる英語のレベルに応じてVol.1からVol.4まであり、それぞれ40~50本の英文が収録されています


読まれる英文のジャンルは、日常会話、ビジネス、旅行、ニュースなどさまざま。

読み手(ナレーター)もそれぞれの英文によって異なります。

ストーリーの内容も工夫されていて、毎日続けても飽きません。


今回はシャドーイングの教材として取り上げましたが、もちろん普通にリスニングの練習に使うのもおすすめです。


関連記事:【レビュー】アルクの『究極の英語リスニング』をやってみた感想。毎日聞いても飽きないよ!


英文の長さと単語のレベルがちょうどいい!

『究極の英語リスニング』がシャドーイングに適している理由は2つあります。

①:英文の長さ

まず1つ目が、読まれる英文の長さ。

どの話も1~2分程度で、最後まで通して発音しても口が疲れ過ぎません


シャドーイングの題材としては、TEDやスピーチ動画が勧められることもありますが、どれも長さが5分以上あって、途中で舌やのどに限界が来るんですよね。

細かく区切ってしまうと、きりが悪くなりますし……

1、2分くらいだと集中力も途切れず、継続して取り組むにはちょうどいいです。

②:英語の難易度

2つ目が、英文の難易度。

シャドーイングでは、内容が難しすぎないことが重要です。

意味を考えるのに時間を取られると、発音に集中できませんからね。


その点、『究極の英語リスニング』で読まれる英文は、Vol.1から4までで差はありますが、一度目を通せば話が理解できるレベルです。

和訳もついていて、難しい単語や固有名詞は重要語句としてまとめられているので、いちいち辞書を引く必要がありません


僕は以前ニュースなども試しましたが、意味を調べるのが面倒で挫折しました。

読解ではなく発音の練習なので、慣れないうちはわかりやすい題材を選ぶのが無難ですね。


シャドーイングの練習方法(僕の場合)

ここで、僕がやっている『究極の英語リスニング』を使ったシャドーイングの練習方法を紹介します。

最初に大まかな流れを書いておくと、以下の通り。

①:リスニング
②:和訳・英文を読む(意味を理解)
③:音読
④:オーバーラッピング(音声にかぶせて音読)
⑤:シャドーイング

英文の長さにもよりますが、全部で10~15分くらいで終わります

別の教材でも応用できるので、ぜひ試してみてください。


ちなみに、本に書かれた使い方は完全に無視しています。

あくまでもシャドーイングが目的なのでご注意を!

①:リスニング

まず最初に、一度音声を聴いて、大まかな内容と発音を把握します。

それぞれの英文に問題が付いていますが、別に解かなくても大丈夫です。

何度も繰り返して聴く必要もありません

うまく聴き取れなくても気にせず次へ!

②:意味の理解

次に、目で文章を読んで意味を確かめます。

ここで重要なのは、なるべく時間をかけないこと

辞書を使うのはおすすめしません。

書いてある順番通りに、重要語句、和訳、英文、問題の答え、と目を通していけばOKです。

③:音読

話の内容を理解したら、英文を声に出して音読します。

口が回らなかったり、発音がわからなくても大丈夫。

自分にとってどこが読みづらいのかを把握するのが大切です。

④:オーバーラッピング

続いてはオーバーラッピング。

文章を見ながら、流れる音声にかぶせるように発音します。

できるだけナレーターの口調をまねして発音しましょう!


また、途中で詰まっても、音声を止めずに最後まで一気に読み切ってください

自分の思っていた発音と、正しい発音の違いがよくわかると思います。

⑤:シャドーイング

いよいよ最後はシャドーイング。

文章を見ずに、音声だけを聴いて発音していきます。

ここまでの段階で、ある程度話の内容は頭に入っているはず。

音声に集中してまねしていきましょう。

読み手になりきってジェスチャーなどを交えるのも楽しいですよ。


僕の場合、シャドーイングも1回で終了!

納得できるまで繰り返してもいいですが、とりあえず①~⑤まで、1回ずつで1セットです。

繰り返すより、毎日の継続!

シャドーイングには、一つの英文を徹底してやりこむタイプのやり方もありますが、僕は好きではありません。

理由は次の3つです。

・飽きる
・内容を完璧に覚えてしまい、シャドーイングの練習にならない
・特定の読み手の発音の癖にとらわれる

3番目は、どんなネイティブにも多少は発音に癖があるので、一人にこだわり過ぎるのはよくないという意味です。


もちろん、同じ英文を何度も繰り返しまねするのが好きなら、全く問題ありませんけどね。

僕はそれだと続きませんでした。

シャドーイングはとにかく継続が一番大切なので、無理せずゆるくやるのがおすすめです。


音声はAudible(オーディブル)が便利!

以前の記事でも書きましたが、『究極の英語リスニング』の音声には、Amazonのオーディオブックアプリ、Audible(オーディブル)を利用すると便利です。

Audibleでは、シリーズVol.1~4までが1つのパックになっていて、無料体験をすると、全部まとめて無料で手に入ります

アルクの公式アプリやCDと比べて、速度調節機能などの操作性がよくて使いやすいので、ぜひどうぞ。


Audible公式サイトはこちら


関連記事:通勤・通学中にも便利!映像を見なくても音声だけで英語のリスニングができるアプリおすすめ3選。


さいごに

シャドーイングはやること自体は単純ですが、継続するのは意外と大変です。

なかなか続かない人は、まずはハードルを下げて、簡単な教材から始めてみてください。

一度習慣になってしまえば楽ですよ!