【必聴】面白くてためになる!Audible(オーディブル)で絶対聴くべきビジネス書おすすめ5選。

おすすめビジネス書_【必聴】面白くてためになる!Audible(オーディブル)で絶対聴くべきビジネス書おすすめ5選。


Amazonのオーディオブックサービス、Audible(オーディブル)

ラインナップが豊富なのはうれしいですが、作品がたくさんあり過ぎて、どれから聴いたらいいのか迷いますよね?


そこで今回は、僕が実際にAudibleで聴いてよかったビジネス書を5つ紹介します。

次の一冊を選ぶときの参考にどうぞ!

(本の画像をクリックするとAmazonの商品ページに飛びます)


Audible公式サイトはこちら


世界を変えた10冊の本


世界を変えた10冊の本(Audible版)


まず1つ目のおすすめは、池上彰さんの『世界を変えた10冊の本』。

ニュース解説でおなじみの池上さんが、世界に大きな影響を与えた本を10冊選んで紹介しています。


個人的に印象に残ったのは、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』。

なぜか著者は男性だと思い込んでいたので、女性ならではの苦労があったと知り、本に対するイメージが大きく変わりました。

本の内容だけでなく、書いた人物や時代背景も学べるのは楽しいですね。


他にも、宗教、経済についての解説はわかりやすく、頭にスッと入ってきました。

「そういう話題はちょっと苦手」という人にこそ聴いてほしい一冊です。


史上最強の哲学入門


史上最強の哲学入門(Audible版)


続いてのおすすめ作品は、飲茶さんの『史上最強の哲学入門』。

地下闘技場で哲学者たちが議論バトルを繰り広げるという、なんとも突飛な設定の哲学入門書です。

冗談交じりの楽しい解説で、哲学者たちの生い立ちや主張を学べます。


普通の堅苦しい哲学書とは違って、ストーリー性のある構成で、つい先が聴きたくなる面白さでした。

表紙の絵はちょっときつめですが、それで避けてしまうのはもったいないですよ。


人生は楽しいかい?


人生は楽しいかい?(Audible版)


ナレーションが面白かったのが、『人生は楽しいかい?』。

ロシア特殊部隊の教え、「システマ」を小説形式で紹介した本です。


ストーリーの内容は、冴えないサラリーマンが、謎の白人男性に出合い、彼の出す指令をクリアしながら成長していくというもの。

複数の登場人物を演じ分けるナレーションは見事で、まるでドラマを見ているような気分でした。

これぞオーディオブック!という感じですね。


題名は自己啓発本っぽいですが、特殊部隊の教えというだけあって、考え方は現実的。

どんな物事にも動じない心構えが身に付きます。


人を操る禁断の文章術


人を操る禁断の文章術(Audible版)


僕がAudibleで何度も聴き返しているのが、メンタリストDaiGoさんの『人を操る禁断の文章術』。

効果的な文章の構成方法や話題の選び方など、人を思い通りに動かすためのテクニックが解説されています。

違いを実感できる具体例も満載で、読んですぐにブログで試しました(笑)

文章に苦手意識がある人でも、きっと書くのが楽しくなりますよ。


ちなみに、この本で紹介されている、文章の書き方の3大原則は次の通り。

・あれこれ書かない
・きれいに書かない
・自分で書かない

これを読んで「えっ!?」と思った人は要チェックです。


勝ち続ける意志力


勝ち続ける意志力(Audible版)


最後のおすすめは、梅原大悟さんの『勝ち続ける意志力』。

梅原さんは、ゲームをプレイすることでお金を稼ぐ「プローゲーマー」という職業を日本に広めた第一人者

この本では、梅原さんの生い立ちと仕事の裏側がリアルに語られています。


戦うゲームが変わっても勝ち続けなければならないプローゲーマーの過酷さには、畏敬の念すら抱きました。

好きなことに打ち込む苦労と、その先にある喜びが伝わってきて、胸が熱くなる一冊です。


さいごに

Audibleのナレーションはどれも感情がこもっていて、たとえビジネス書でも、聴いているだけでワクワクします。

文章も映像もないのに、臨場感がすごいですよね。

次は何を聴こうか、今からもう楽しみです。


関連記事:【比較】AmazonのAudible(オーディブル)とKindle Unlimitedはどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットまとめ。

関連記事:ハリー・ポッターシリーズはKindle Unlimitedで読み放題!ただし洋書に関しては、ちょっと残念なお知らせが……