【理系向け】Kindle Unlimitedで読める科学系の洋書おすすめ2選。

理系向け洋書_【理系向け】Kindle Unlimitedで読める科学系の洋書おすすめ2選。


AmazonのKindle Unlimitedでは、日本語の本だけでなく、洋書もたくさん読み放題の対象になっています。

その中で、僕が気に入っているのが、科学系の本

理系出身ということもあり、知っている専門用語が英語で出てくるとわくわくします。


今回は、僕がKindle Unlimitedで読んで面白かった科学系の洋書を2つ紹介します。

タイトルには「理系向け」と書きましたが、文系の人にもおすすめですよ。

※補足
本の画像をクリックすると、Amazonの商品ページに飛びます。
また、Kindle Unlimitedの対象作品は変わる可能性があるので、ダウンロードする前に読み放題になっているか確認してください。
Kindle Unlimited公式サイトはこちら

Kindle Unlimitedのおすすめ科学本2選

①:What If?



What If?』は、元NASAの研究員が、子どもたちの考えた素朴な疑問に対して、真剣に答えていく本です。

科学の知識と計算を駆使して、ふざけた質問でもあきれるほど丁寧に回答しています。


例えるなら、日本の『空想科学読本』をより科学的にした感じですね。(知らない人ごめんなさい)

キューアンドエー方式でたくさんの質問が載っているので、面白そうなところだけ拾って読むのがおすすめです。


個人的に好きだったのは、「元素の周期表を、実際の物質のブロックを積み上げて再現したらどうなるか?」という話。

危険な元素ばかりで、研究者にならなくてよかったなあ、と改めて思いました。


ちなみに、この本は日本語版も出ています

Kindle Unlimitedの対象ではありませんが、本の概要を知りたいなら、こちらの方が速いかもしれません。

②:Stuff Matters



Stuff Matters』は、金属やコンクリート、紙など、身の回りの物質について書かれた本。

科学的な解説だけでなく、歴史や産業、心理学といったさまざまな切り口で、物質にまつわるストーリーが紹介されています。


たとえば、製鉄の話では日本刀が取り上げられていて、昔の日本の技術力の高さには驚きました。

日本刀が英語でsamurai swordと訳されているのもかっこよかったですね。

他にも、思わず「へー」とうなる知識がたくさん載っているので、ぜひ読んでみてください。


洋書はAudibleもおすすめ!

普段洋書を読む人には、AmazonのAudible(オーディブル)もおすすめです。

Audibleは本を耳で聴くオーディオブック(音声の本)のサービス

目を使わなくてもいいので、移動中や作業をしながらでも本を楽しめます。


日本語の本はもちろん、洋書のラインナップも豊富で、理系向けだと、

Sapiens
The Four

あたりが面白かったです。

無料体験をすれば1冊目は無料でもらえるので、まだやってない人はぜひどうぞ。


Audible公式サイトはこちら


関連記事:【比較】AmazonのAudible(オーディブル)とKindle Unlimitedはどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットまとめ。


さいごに

理系の洋書は難しいイメージがありますが、途中でわからない部分があっても話についていきやすく、小説に比べると挫折しにくいです。

英語だけでなく、科学の勉強にもなるのでおすすめですよ。