英語の冠詞を克服するにはルールと経験どっちも大事。Kindle Unlimitedで見つけた冠詞の問題集をやってみた感想。

英語の冠詞を克服するにはルールと経験。Kindle Unlimitedで見つけた冠詞の問題集をやってみた感想。


英語で文章を書くとき、いつも頭を悩ませるのが、冠詞だ。

辞書を見ればわかる単語の意味と違い、冠詞の使い分けは自分で頑張って調べても、正解がはっきりしないまま終わることが多い。

僕はこれまで何度か英語ブログを立ち上げては挫折してきたが、冠詞に対する自信のなさが最大の原因だったように思う。

そこで、何か冠詞に特化した問題集はないかと探してみたところ、Kindle Unlimitedで『3つの基本ルール+αで英語の冠詞はここまで簡単になる』というぴったりな本を見つけた。

一通りやり終えたので、今回はその感想を書く。

13のルールは巻末に

この問題集に取り組むうえで、僕は大きなミスを犯した。

巻末で解説されている「13のルール」の存在に、問題をすべて解き終えるまで気がつかなかったのだ。

途中で何度も「タイトルの割にルールについてちゃんとした説明がないなあ」と思ったが、まさか問題の後ろに掲載されているとは……。

紙の本であれば、購入時にパラパラとページをめくって、事前に全体の構成を確認できたはず。

どこに何が書かれているのかすぐに把握しづらい、電子書籍ならではの失敗である。


ただ、問題にはそれぞれ答えとともに丁寧な解説が付いていて、学習する上でとくに支障はなかった。

むしろ、先にたくさんの具体例に触れていたおかげで、最後に読んだ「ルール」がより深く理解できた気がする。

結果的に、冠詞への苦手意識はだいぶ払拭できたので、これも「怪我の功名」ということにしておこう。


ルールは知っているだけで役に立つ

この本で紹介されている13のルールは、無冠詞、a/an、theの基本的な性質をまとめた「3つの大ルール」と、名詞のグループごとに冠詞の使い分けを整理した10つの「応用ルール」に分かれていた。

個人的に役立ったのは、応用ルールの方。

施設名や書物の名前など、一つ一つ覚えていかなければならないと思っていた冠詞にも、意外ときちんとした規則があって勉強になった。

ルールを頭に入れておけば、自分の感覚に頼らず正しい冠詞を導けるので、ぜひ何度も参照して記憶に定着させたい。

今回は電子書籍を利用したが、こういうルールが一覧になった本は紙で一冊持っておくと便利かもしれない。


使いこなすには経験も必要

英語の冠詞は、ルールを覚えることも大事だが、使いこなすにはある程度の慣れが必要だと思う。

実際この問題集を解いていても、即答できる問題が増えていく一方で、いつまでも迷いが消えないタイプの問題もあった。

やはり、普段冠詞を意識する機会がない日本人にとっては、限定されているのかいないのか、微妙なニュアンスの違いがどうしてもわかりにくい。


おそらく、冠詞の使い分けを身に付ける一番の近道は、自分の書いた英文を誰かに添削してもらうこと。

単に英語で発信するだけだとフィードバックがなく効果が薄いのは、すでに試して実感済みだ。

次回英語ブログを始めるときは、何かしら自分の書いた文章の正誤を判定できる仕組みを整えてからにする。


さいごに

英語の問題集には、細かい分野に特化した本がたくさんある。

Kindle Unlimitedで読み放題になっているものも多く、非常にありがたい。

冠詞はまだまだ修行不足なので、手ごろな教材を見つけたら遠慮なく活用させていただく所存だ。