【感想】『百年法』を読んで、圧倒的なリアリティに引き込まれた。


山田宗樹さんの『百年法』を読みました。

舞台は不老不死(病気や事故はあり)が実現した社会。寿命を制限する法律、「百年法」をめぐる物語です。

アイデア勝負のSF小説かと思ったら、あまりにリアルな描写に圧倒されました。


未来の描写が切ない……


小説の中では、物語の随所に、未来チックな描写がありました。

でも、出てきたのは、養殖昆虫を使った料理や、全自動なのに時速40kmしか出せない車など、なんだか残念なものばかり。

それなのに、「きっとこんな感じになるんだろうなあ」と思ってしまから不思議です。

中でも、特に切なかったのが、世界の中で日本だけが衰退していく様子。

ある意味これが一番リアルなのが悲しいですね。

時代の変化にうまく対応できないところが、今の日本と重なります。

技術力で中国や韓国に抜かれるのは、近い将来現実になりそうです。

もっと明るい未来が想像できる社会になって欲しいですね。


永遠の命はいる?いらない?


テーマが不老不死ということで、どうしても、生きる意味について考えさせられます。

登場人物たちも、生と死に対して、様々な意見を述べていました。

永遠の命が手に入るなら、皆さんはそれを望みますか?

僕の答えは「ノー」です。

際限なく生き続けることって、そんなに楽じゃないですよね。

いつか終わると分かっているから、毎日頑張って働くし、前に進もうと努力できます。

もちろん死ぬのは怖いけど、やっぱり人間には「終わり」が必要ではないでしょうか。


自分の考えを大切にしよう


物語のラストは、不老治療を受けた人が、特殊な病気によって皆死んでしまうという衝撃の展開。

自然な死を受け入れた人だけがより長く生きるなんて、なんだか皮肉ですよね。

一番かわいそうなのは、自分の意思に反して、周りに流されて不老治療を受けてしまった人。

きっと悔やんでも悔やみきれないでしょうね。

自分の考えは大切にすべきだと、改めて思いました。


さいごに


上・下巻に分かれていて、とても長い話でしたが、面白くて一気に読んでしまいました。

描写のリアルさもさることながら、物語の展開が素晴らしかったです。

ちなみに、僕が読んだときは、上・下巻ともにKindle Unlimited読み放題の対象でした。

Kindle Unlimitedでは、こんな感じで傑作が登場することがあって楽しいんですよね。

まだ入っていないなら、無料体験を試してみるのがおすすめです。


Kindle Unlimited無料体験を試す