【便利】Audible(オーディブル)で自分だけの目次を作ろう!ブックマーク機能の活用法。

ブックマークの使い方_Audible(オーディブル)で自分だけの目次を作ろう!ブックマーク機能の活用法。


AmazonのAudible(オーディブル)でちょっと残念なのが、目で見える文章がないこと。

本文はしょうがないにしても、作品によっては目次も章番号だけで、実際に聴いてみないと、どこに何が書かれているのかわからないんですよね。


でも、ブックマーク機能をうまく活用すると、オーディオブックに自分だけの目次を作ることができます。

今回は、ブックマークの基本的な使い方と、その活用法についてまとめました。

普段ブックマークを利用していない人も、この機会にぜひ使ってみてください。


関連記事:【比較】AmazonのAudible(オーディブル)とKindle Unlimitedはどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットまとめ。


ブックマークの基本的な使い方

ブックマークって何?

ブックマークとは、本を聴いていて大事だと思ったところに、目印やメモを残しておける機能です。

1冊の本に何か所でも登録することが可能で、後からメモを見返したり、その部分からオーディオブックを再生したりできます


イメージとしては、しおりよりも付せんの方が近いですね。

音声だけのオーディオブックに、目で読める文字を書き込めて便利です。

ブックマークでメモを残す方法

ブックマークのやり方はとっても簡単!

まず、オーディオブックを聴いていて、何かを書き残しておきたいと思ったら、右下にある[ブックマーク]アイコンをタップします。

Audible(オーディブル)でのブックマークの使い方その1

すると、[メモを残す]と表示されるので、それを選択。

Audible(オーディブル)でのブックマークの使い方その2

タップと同時に再生がストップして、文章入力画面に移ります。

Audible(オーディブル)でのブックマークの使い方その3

一度登録してからも、修正したり削除したりすることは可能なので、深く考えず直感的にメモしましょう。


ちなみに、何も書かずに目印だけ付けたいときは、[閉じる]を選ぶか、そのまま放っておけば大丈夫。

その場合、音声は中断されずに流れ続けます。

ただ、後でなぜブックマークしたかわかるように、単語1つくらいは書き残しておくのが無難ですね。

ブックマークの確認方法

登録したブックマークを見るには、まず再生画面の右上にあるメニュー(点がたてに3つ並んだマーク)をタップ。

Audible(オーディブル)でのブックマークの使い方その4

そこから、[ブックマークを表示]を選ぶと、今までに登録したブックマークが表示されます。

Audible(オーディブル)でのブックマークの使い方その5


Audible(オーディブル)でのブックマークの使い方その6

ここで、それぞれのブックマークの右上にあるメニューを開くと、その部分からオーディオブックを再生したり、メモを編集したりすることが可能です。

Audible(オーディブル)でのブックマークの使い方その7


ブックマークで目次を作ろう!

ブックマーク機能を利用すると、最初からあるものよりも、便利で使い勝手の良い目次を作成できます。

たとえば、『人生は楽しいかい?』という本では、たくさんの「指令」が登場するので、その内容が説明されるごとに、ブックマークでメモを残してみました。

人生は楽しいかい?のブックマーク_Audible(オーディブル)

章番号しかない元の目次(下の画像)と比べると、わかりやすさがかなり違いますよね?

人生は楽しいかい?の目次_Audible(オーディブル)

とくにビジネス書では、一つの章がさらに細かい項目に分かれている場合がほとんど。

タイトルが読まれるごとにブックマークで書き残しておくと、後で聴き返すとき役立ちますよ。


関連記事:【良著】Audibleで聴いた『人生は楽しいかい?』のレビュー。ずっと聴いていたくなる心地よい本でした。


さいごに

電子書籍にもブックマーク機能はありますが、オーディオブックだとより有難みを感じますね。

やっぱり視覚情報は大事です。

思いついたことをメモすると、頭が整理されて本の理解も深まるので、ぜひ試してみてください。


関連記事:【解説】Audible会員なら聴き放題!Audible Station(オーディブルステーション)の使い方とおすすめタイトルを紹介します。