【レビュー】Audible Station(オーディブルステーション)の「短編文学チャンネル」を聴いてみた感想。どの作品もクセがすごい!

感想・レビュー_短編文学チャンネル_Audible Station(オーディブルステーション)の「短編文学チャンネル」を聴いてみた書評。どの作品もクセがすごい!


Audible(オーディブル)の聴き放題コンテンツ、Audible Station(オーディブルステーション)の中で、唯一小説を楽しめるのが、「短編文学チャンネル」。

収録されている作品を一通り聴き終えたので、今回はそのレビューを書きます。

いやー、なかなか個性豊かでしたね。


Audible公式サイトはこちら


関連記事:【解説】Audible会員なら聴き放題!Audible Station(オーディブルステーション)の使い方とおすすめタイトルを紹介します。


無限大ガール



無限大ガール』は『カラフル』や『風に舞いあがるビニールシート』で有名な森絵都さんの作品です。

主人公は、失恋の悲しみを紛らわすため、いろんな部活の「ハケン部員」として活動する女の子。

偶然引き受けた演劇部のミュージカルの演出が、原因となった元恋人で、さてどうなる……というお話です。


堅苦しい文学ではなく、気軽に聴けるエンタメ小説という感じ。

ストーリーの展開がわかりやすくて、サクッと楽しめました。

女の子の一人語りが中心なので、Audibleにもぴったり。

ナレーションも熱がこもっていましたよ。


ちなみに、題名の「無限大ガール」は、どんな部活もこなせるからではありません

どんな意味なのか考えながら聴いてみてください。



マリーの愛の証明



『無限大ガール』とは対照的に、『マリーの愛の証明』はものすごく文学チックな作品。

少女たちが共同生活を送る「ミア寮」で暮らすマリーが、愛について考え言葉を紡ぐ、幻想的なお話です。

純文学は苦手な僕ですが、けだるい雰囲気のナレーションが物語によくマッチしていて惹きつけられました。


マリーの語る「愛の証明」は、きれいで透明感があり、まるで詩を聴いているみたい。

個人的に、このチャンネルで一番のおすすめです

オーディオブックっていいなあ。



最後は臼が笑う



最後は臼が笑う』も作者は森絵都さん。

どんなダメ男でも好きになってしまう主人公、桜子が、電車で絶対に愛せないほど悪質な男に遭遇します。

この男を、桜子と友人たちが「さるかに合戦」のような連係プレーで懲らしめる、という流れ……


かと思いきや、ラストはまさかの展開でした。

好みは分かれそうですが、僕はすっきり終わって安心しましたよ。

まあ、「文学」としてはかなり微妙な気がしますけど……


ちなみに、朗読のイントネーションが何かおかしいと思ったら、ただの関西弁でした。

最初は違和感があっても、聴いているうちに慣れますね。



記憶の盆おどり



記憶の盆おどり』は「短編文学チャンネル」の中では唯一の男性ナレーション

記憶があいまいになってきて断酒を決意した主人公のもとに、謎の美女がやってきます。

彼女はいったい何者なのか、どこまでが現実なのか、途中はじれったいですが、最後にきちんと答えが明かされるのでご安心を。


僕はてっきりよくわからないまま終わるのかと思って、意外な結末にびっくりしました。

なかなかドキッとする落ちですね。



全部Kindle Unlimitedで読み放題!

「短編文学チャンネル」の作品は、すべてAmazonのKindle Unlimitedで読み放題の対象になっています。

無料体験もやっているので、文章で楽しみたい人はぜひどうぞ。

Kindleアプリ(無料)を使えば、スマホやタブレットでも読めますよ。


Kindle Unlimited無料体験の詳細はこちら


関連記事:【比較】AmazonのAudible(オーディブル)とKindle Unlimitedはどっちがいい?それぞれのメリット・デメリットまとめ。


さいごに

「短編文学チャンネル」は、どの作品も毛色が違って、飽きずに楽しめました。

まだの人はぜひ一度聴いてみてください。

これからAudible Stationにもっと小説が増えるとうれしいですね。


関連記事:【必聴】Audible(オーディブル)で絶対聴くべき、メンタリストDaiGoの本おすすめ2選。

関連記事:【お得】Amazonのオーディオブックサービス、Audible(オーディブル)の無料体験はやらなきゃ損! 本が1冊タダでもらえて、退会後もずっと聴けるよ。