【中級者以上向け】やっぱりベストセラーは面白い!Audible(オーディブル)の洋書おすすめ3選。

Audibleおすすめ洋書_【中級者以上向け】やっぱりベストセラーは面白い!Audible(オーディブル)の洋書おすすめ3選。


ラインナップが豊富すぎて迷ってしまう、Audible(オーディブル)の洋書。

Amazonはベストセラーばかりおすすめしてきますが、やはり人気なだけあって、当たりの作品が多いです。

今回はその中から、僕が実際に聴いてよかった洋書を3つ紹介します。


ちなみに、英語のレベルはやや高め。

英語の聞き取りが苦手な人には、ちょっと難しいかも?


Audible公式サイトはこちら


①:Becoming


Becoming(Audible版)


『Becoming』は、アメリカのバラク・オバマ元大統領の奥さん、ミシェル夫人の自伝です。

幼少期からホワイトハウスでの生活まで、素直な言葉で語られています。

あまり表に出てこないミシェル夫人の内面がわかるのはもちろん、バラク・オバマ氏が大統領になる以前の様子は、聴いていて楽しかったです。

若ければ当たり前のこととはいえ、なんだかとても初々しい……


また、朗読しているのは、ミシェル夫人本人

落ち着いた低めの声には、意志の強さを感じました。

著者自身が声を担当していると、説得力が違いますね。


②:The Four


The Four(Audible版)


アメリカの大手IT企業、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの4社(通称GAFA)について書かれた本です。

それぞれの戦略の違いや成長の秘密を、事業内容とともに詳しく解説しています。

どの企業も壮大なビジョンを掲げていて、他を圧倒する理由がよくわかりました。

マイクロソフトやウーバー、中国のアリババなど、ほかのIT企業についても触れられていて、業界の動きがつかめます。


個人的にわくわくしたのは、アマゾンの空飛ぶ倉庫。

いつか日本にも来るのかな?


ちなみに、お金関係の大きな数字がたくさん出てきて、英語からとっさに金額をイメージするのが大変でした。

まあ、いいトレーニングにはなりますよ(笑)


③:Sapiens


Sapiens(Audible版)


僕たち「ホモ・サピエンス」が繁栄した理由や、人類が目指すべき方向性について、歴史や生物学の観点から考察した本です。

著者独自の考えではあるものの、今の世界を支配しているのがなぜ他の種ではなく人類なのか、筋の通った答えが出されていて、目から鱗の内容。

人間の特性が歴史的な事象と結び付けられていくのは、パズルのピースがはまっていくような爽快感がありました。


ちなみに、日本語訳の『サピエンス全史』は上・下の2冊に分かれていますが、英語版の原書は1冊。

Audibleのコイン1枚ですべて聴けるので、日本語版よりもお得です。


さいごに

普通の本で洋書を一冊読み切るのは結構大変ですが、Audibleなら気楽に最後まで聴き通せます。

一度に少しずつでも、音声を流せば自動的に先に進めますからね。

ぜひいろいろ聴いて、自分のお気に入りの作品を探してみてください。